蛇行運転

2019年2月から自転車日本一周中!

四国一周(時計回り)編【27–30日目】

【3月8日~11日

– ~30日目 – 】

f:id:sekisaicling:20190404164024j:image

みよし市にある宿泊先の「美濃田の淵キャンプ場」からのスタートです。出発する前に併設された温泉に入ってきました♨️

実に8日ぶりの風呂!!さっぱりして気持ちがいい😁

 


f:id:sekisaicling:20190404164015j:image

こちらは途中によった「うだつの町並み」というところ。ふむふむこんなものかと長居はしませんでした😅


f:id:sekisaicling:20190404164047j:image
f:id:sekisaicling:20190404164056j:image

あまりにも綺麗な光景に自撮りをしました(笑)

 

吉野川沿いをずーっと東へ進み、最終的に到着したのは徳島市✌️

寝るには都会すぎるな、もう少し南の田舎の方へ移動するか...と思いかけていたその時!

後ろからマウンテンバイクに乗ったお兄さんが話しかけてきてくれました。

f:id:sekisaicling:20190404164034j:image

 

 

走りながら会話していると、お互いに同い年で、しかも同じチャリ屋でバイトしているということが発覚🔥

 

しかも「シェアハウスやってて、今は他が帰省しちゃってたりで一人だからおいでよ」と言われ、そのまま泊まることに!


f:id:sekisaicling:20190404164108j:image
f:id:sekisaicling:20190404164019j:image

ちょうどこの日、最後の給料振込みがあったので外食したいなーと思っていたので、ゆーすけと二人で徳島ラーメンを食べに行くことにしました🏃‍♂️🚲

 

行ったお店はラーメン「麺王👑

こちらのラーメンは[濃いめ・甘辛い・細麺・牛丼に入ってるような形の豚肉]でした!味は好みの味で美味しかったです👍


f:id:sekisaicling:20190404164039j:image

最初は1日だけいるつもりだったのですが、天気や、ゆーすけと気が合ったこともあり、結局3泊してしまいました💦

 

ただ、ゆーすけと毎日一緒にいたわけではなくて、彼はいろいろと用事が入っていたので自分一人で徳島の街を散策しました。

 

失礼ですが、自分にとって徳島は「田舎」というイメージがありました。イメージだけの話です。

しかし、実際に夜の徳島を歩いてみると、

飲み屋は沢山あり、栄の錦かのような雰囲気を感じました。

 

あれ、イメージと違う!」と。

 

田舎に飲み屋はほとんどないと思っていたので驚きです。でも、さらに驚くことが。

 

それぞれの飲み屋に人があまりいないんです😳

数は多いのに人がいない。特に若い子の姿がありません。

 

それは昼間に散策した時も同じでした。

 

どうやら、徳島は本当に若い子が少なくなっているようです。

というのも、車やフェリーを使ってすぐのところに大都市「大阪」があるのでみんなそちらへ移動してしまうんだそう。

 

長く滞在したからこその発見です。

 

 

f:id:sekisaicling:20190404164010j:image

そんな徳島県の名物品「フィッシュカツ」をご存知ですか?

フィッシュカツといっても、マクドナルドのフィッシュバーガーや、白身フライなどとは全くの別物です。

 

食感、味共に一番近いのが駄菓子の「ビッグカツ」!

これをご飯のおかずとして食べます。

 

そしてこれがうまいんです!!f:id:sekisaicling:20190404164028j:image

一人暮らしの大学生とか、ご飯にフィッシュカツだけ乗っけてお弁当にしてる人が絶対いるなあと(笑)


f:id:sekisaicling:20190404164043j:image

最終日(出発日)にはゆーすけと2回目の徳島ラーメンへ!

今度のお店は「ラーメン東大」という店。

 

こちらのお店は生卵が無料で食べ放題🙆‍♂️

ラーメンに入れて食べるのが徳島流と教わりました👍

これまた美味♪( ´θ`)ノ

f:id:sekisaicling:20190404164100j:image


f:id:sekisaicling:20190404164104j:image

最後に一発撮りで記念撮影をしてバイバイ👋

 

ゆーすけがインスタで俺のことを書いてくれたけど、俺にとってもゆーすけはまた会いたいと強く思う友達だなー🙌

 

趣味が合うだけじゃなくて、話のペースも、考え方も、一緒にいてストレスが無い。そんでもって深いところまで話し合える、最高の友達ができました。

 

自分の生活が落ち着いたら、彼のシェアハウスにまたお邪魔しようかな。(笑)