蛇行運転

2019年2月から自転車日本一周中!

家から大阪編【10−11日目】

 

【2月19日 −10日目− 】

f:id:sekisaicling:20190303145422j:image

 本日は一日中大雨予報。それに加えて暴風とも言える風が吹き荒れます。

 

一日中雨の日はこれが初めて。

 

進んだところで良いことなしなので、こちらの「道の駅すさみ」にて一日中停滞することにしました。

 

写真に写っている方は日本一周を徒歩でしていらっしゃるタツさん。朝こちらにて出会い、1日を一緒に過ごすことに。

 

それまで充電できない状況が続いており、モバイルバッテリーの残量も残りわずか。仲良くなった従業員の方に駄目元でコンセントを使わせていただけないかお願いすると、駅長さんに聞いて下さり使用の許可をいただけました。

 

f:id:sekisaicling:20190303150628j:image

雨の日は退屈です☔️

 

そんなつまらない雨の日に何か楽しみを作るとしたら「食事」じゃないでしょうか。

美味しいもの食べると気分もお腹も満たされるじゃないですか😚😚

 

コンセントを貸していただいたせめてものお礼も兼ねて、すさみ名物のイノブタを使ったイノブタマンを朝イチでいただきました🙏

 

f:id:sekisaicling:20190303152300j:image

そもそも「イノブタ」とは?

イノブタは、1970年すさみ町(和歌山県畜産試験場)にて、 猪を父に、豚を母に世界で初めて生を受けました。
すさみ町は、もともと猪の多いところであり、 家畜の豚とかけ合わせて、豚のように脂っこくなく、あっさりとした味を...
その願いから、長年研究されて生まれました。

 

だそう。

「どっちなん?」の答えは「どっちでもない!」が正解かな?(笑)

 

一般的な肉まんよりも香り・味共に強いですが、猪特有の臭みは全くありませんでした。

とってもジューシーで美味しかったです😊🙌

 

f:id:sekisaicling:20190303154430j:image

続いてお昼は「イノブタ丼(ミニうどん付き)」をいただきました🔥🐗🐖

一食のためにお札を消費するのは躊躇してしまいますが、これも思い出だと思って二人で同じものを頼みました!

 

蒸してもうまいイノブタは、焼いてももちろんうまい!日々強化されてきた胃袋にイノブタの脂が染み渡ります。

 

あー美味しかった!👏

 

【2月20日 − 11日目 − 】

 

楽しかったコタツさんとの時間もここで終わり。旅をしている以上どんなに親しくなった人でもお別れする時がすぐにやってきます。

 

寂しさもありますが、これが旅の醍醐味でもあります。

 

最後に、お互いをリスペクトして

タツさんのリュックと私の自転車を交代して写真撮影📸(服は交換してないよ!?)

 

f:id:sekisaicling:20190303160658j:image

およそ30kgあるコタツさんのリュックを背負うには一苦労。やっとの思いで背負うも、これで歩くなんて、ましてや日本一周するなんて考えられないほどの重さでした🥵

 

タツさんがこれまで日本中を歩いてきた努力の証は、彼の服に刻まれたリュックの形をした汗染みを見れば自然と伝わってくるものです。

 

一方で、全体でおよそ60kgある私の自転車に跨った彼は意外な感想を述べました。

 

これ、坂は歩きよりキツイよ」と。

 

イメージから歩きの方が“絶対に”キツイと思っていたのでビックリしました∑(゚Д゚)

 

最後はお互いに「俺にはこっち(自転車or歩き)じゃ無理だわ(笑)」と言い合い、それぞれの進路へと向かいました。